抜け毛がひどいので自毛植毛に挑戦@病院治療の料金

最適な植毛の病院を選ぶ基準と手術の実績

植毛では、必ず手術が必要になります。

 

そもそも自分の毛髪を、自力で別の場所に移植するのはさすがに困難でしょう。

 

やはり医療技術がある方に、それを任せるのが一般的です。

 

ところで手術を受けるとなると、もちろん病院の選別が必要になってきます。

 

そして、やはりそれは非常に大切なのですね。

 

そもそもその手術は、若干のリスクはあります。

 

医師の腕などにも左右されるのですが、たまに失敗する事例も見られるのですね。

 

もともとその手術はアメリカで開発されたものなのですが、向こうの国ではたまに失敗しているようなのです。

 

特に人工の毛髪を移植するとなると、失敗率は高い傾向があります。

 

ですので植毛の手術を受ける場合は、やはり病院の選別は必要になるでしょう。

 

できるだけ信頼できる医師のお世話になりたいものですね。

 

1つの着眼点としては、病院の実績です。

 

大抵の病院は、ホームページを保有しています。

 

そのページを見てみると、今までに何件の植毛の手術を行ったか等とアピールされている事が多いのです。

 

その件数が多い病院のお世話になるのが、一番無難でしょう。

 

実績が豊富である以上、それだけ植毛の手術に対するノウハウが豊富だと考えられるからです。

 

ですので植毛しようと思うのであれば、ちょっと病院のホームページに目を通しておくと良いですね。

かつらも良いですが植毛ならもっと自然に増やせます

 

髪の毛が薄くなった時の対処法としてかつらを使用する方も多いですが、かつらですとメンテナンスに掛かる面倒や散髪をする際には専門の理容店を見つけなければならないなど、色々とデメリットが生じる可能性もあります。

 

もちろんかつらは愛用されている方も多い便利な物ですが、もっと自然に髪の毛を増やす方法があることをご存知でしょうか。

 

それは自分のまだ残っている髪の毛を薄くなった部分に移すという植毛でして、専門のクリニックで植毛の施術をしてもらう方法となっているんです。

 

自分の残った髪の毛というのがポイントで、人工の髪の毛では違和感が生じたり頭皮にダメージを与える可能性が高まるというデメリットを否定することが出来ません。

 

その点自毛植毛であれば一度施術を行ったらメンテナンスフリーとまでは行きませんが、人工の髪の毛のメンテナンス頻度に比べたら雲泥の差が出てくるかと思います。

 

それに自分の髪の毛ですから定着の安定感もあり、ごく自然な形で髪の毛を復活させることの出来る方法と言えましょう。

 

費用はかつらを作るよりも高くなってしまうことは否めませんが、一度この植毛を行えば日常生活で支障をきたすような事は少ないですので、アクティブに人生を謳歌する事に寄与してくれるはずです。

植毛は生着率の高さで選ぶ

 

植毛にはいくつかの方法があり、ものによって髪のボリューム感や仕上がりの美しさ、そして一番重要となる髪の生着率が変わってきます。

 

そんな数ある方法の中でも、特に最近注目されているのがFUT法です。

 

FUT法の最大の特徴は、他の方法とは違って毛穴単位での植毛をするというところでしょう。

 

人間の髪というのは、実は毛穴から1本ずつ生えているのではなくて、毛穴一つから3本程度生えていることもあるのです。

 

そのため1本ずつだとどうしてもボリューム不足となってしまうのですが、FUT法では1つの毛穴にしっかりと2本3本と植毛してくれるので、とても自然な仕上がりとなります。

 

さらに毛穴単位で何本にするかの調整ができることから、髪の濃さの部分も調整することができるのです。

 

そしてなんといってもFUT法は生着率が高く、何と数字で見ると95%にも上るとされています。

 

せっかくの植毛をしても、その後に抜け落ちてしまっては意味がありませんが、FUT法であればそういった悲しい出来事もほとんど発生しないと考えておいて平気です。

 

植毛というのは、一度の手術にかなりの金額がかかるものなので、失敗のショックというのはとても大きいもの。

 

ですので、失敗がないようにもFUT法など生着率が高いものを選んでおきたいところです。